次田のり子 週刊日誌

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
0
    9月議会終わりました。

     ブログの性格に慣れていないこともあり、9月末に議会報告を書いたのですが、うまくアップできませんでした。今になってしまいましたが、改めて9月議会の報告をいたします。
     
     最終日には、補正予算などの採決がありましたが、給食の民間委託などが盛り込まれていたため私は反対しました。市は民間委託して経費削減を言いますが、私は計算の仕方に疑問があり納得できません。

     民主党の米沢議員は、長々と言い訳の意見を述べ、結局のところあっさり賛成に転じました。あれだけ反対請願の紹介議員などもしたのに、私たちや市民を裏切ったのです。許されることではありません。やっぱり民主党は約束を守りません。

      さて、文教福祉常任委員会では、たくさん意見を出しました。いじめ問題や不登校問題については、以前から言い続けていますが、子ども人権オンブズマン委員会やきょうとキャップなど、子どもの命を守る取組みを行っているところの導入を検討するように、今回も強く言いました。八幡市は数年前から取り組んでいます。最近はテレビでも上記の団体などや活動内容が紹介されていますが、みなさんぜひインターネットで調べてください。少しでも早く、子どもたちのためにとりくみを進めてほしいです。
     
       教育委員会が出している広報「まなび」の改善を求めました。年間260万円もかかっている割に内容がいまいちです。東京都八王子市では、A3の用紙を2つに折りあのような冊子にしています。内容は、表彰などは全く載せず、広報なのですから、みなさんに役立つものとなっています。京田辺市教委は広報の意味が間違っていませんか?とにかく260万円もかけないでください。
     
       特定団体だけを無料で記事を掲載していることもおかしいです。特に、体育協会は指定管理者となっており、多額の委託金を市から受け取っているにも関わらず、自分のところの記事掲載を無料でするというのは納得できません。1業者となっているのですから、返金していただきたいです。

     

    | 市議会 | 23:42 | - | - | - |
    0
      3・11から、1年半がたちました
        あっという間の一年半。被災者の皆さんの思いはどんなものかと考えます。人生が大きく変わってしまい、笑うことも忘れてしまったという被災者の言葉を聞きます。家族が離れ離れになり離婚になってしまった人や、子どもをたたいてしまう・・虐待をしてしまいそうになる、あるいは虐待してしまったという親も多く、相談件数が増えています。悲しいです。少しでも応援をしていきましょう。 

       福島から引っ越してきたご夫婦と食事をしました。家族は新潟だとかに引っ越し就職されたらしく、もう福島でみんな一緒に暮らすことは難しいようです。自分の気持ちとは別に、マスコミや、なんやかんやにほっといたら記憶から福島をひっこ抜かれてしまいます。忘れない事、そうでないと同じ間違いをしてしまいそうです。

       維新の会の勢いが怖いです。積み上げてきた民主主義も、弱い立場の人たちの人権も「今、そんなことを言ってる場合ではない」その一言でぶっ飛ばされそうです。橋下市長や、あやかろうとする人たちの血走った目が怖いのです。自民党が嫌だから民主党にとりあえずやらせたら・・みたいな発想がだめだったことを忘れない事です。
       自民党政権60年のつけがあまりにも大きかったのは事実です。それを、当選目あてに寄せ集められた民主党が政治運営できるはずがないわけです。今回もまた同じです。いえ、今回は民主党には感じなかった恐怖を感じます。

       7日に私は一般質問を行いました。市内で生活保護受給者が約750人、就学支援受給家庭も1000人を超えました。全児童数の16%から18%です。大変な社会状況になっています。不正受給は厳しく対応すべきですが、受けなければならない状態の人たちに生活保護が行き渡っていないのが日本の状況であり、孤独死・孤立死はこれからも増え続けそうです。

       
       今日のニュースでは、生活保護受給者が全国で211万人になったと報じていました。契約社員やアルバイトが増え、また、今春の新卒者のうち3万3000人がニートだとのことですから、先々生活困窮者が増えることは間違いありません。最大の課題になりつつあります。就労支援や貧困連鎖をなくす教育面での取り組みもしっかりやらなければなりません。







      | 市議会 | 19:30 | - | - | - |
      0
        国からの交付税支払延期、京田辺市は約6億4千5百万円待ってます!
          ちゃらけながら安住財務大臣は「交付税支払を延期します」と発表しました。最悪です。やり方が汚いのです。野党がいうことを聞かないなら、国民を盾にしていいのかと腹が立ちます。民主党の仮面がはがれたわけです。民主党政権は難破船状態なのでしょうが、やっていいことと悪いことがあります。
         

         今朝、すぐに担当課長に京田辺市への影響を聞きました。年間の交付税は約25億円です。今回支給されるのは、約6億4千5百万円ですが、何とかやりくりできるとのことです。ただし10月の職員給与からは足りなくなるようですが、運よく満期になる定期があり、最悪それでしのぐことができるようです。そこまで延期になることはないと思いますが、心配なのは生活保護などの公的保障がどうなるかで、死活問題です。これで政府の信頼は地に落ちました。
          

         自民党も、総裁選び=首相選になる可能性があるので、目が血走っています。会期中にもかかわらず谷垣総裁が街頭演説をしたり、ホテルや料亭で会合、会合です。もちろん国民のことでも原発問題でもなく、政局一色です。

         維新の会も動きがあわただしいようですが、東国原元知事だって援助交際問題を起こしたし、元横浜市長だって変な噂がありました。そんなことは些細なことと思われているようですが、私は重大な問題であり、何事もなかったような顔をしているのは納得できません。橋下市長と三人並んだ絵は怪しい限りです。なんかこうなると男の人たちはどうしょうもなくなるようです。国民の正しい判断だけがこの日本を救えるでしょうけど、難しいです。

         3日から九月議会が始まりました。議案提案の時には、私の担当する議案以外はできるだけ質問をすることと決めています。ほかにだれも発言しないので、私一人だけの質問時間みたいな状態ですが、ここで質問するなり意見を言わないと言うところがないのです。一般質問だけでは足りませんから、生かせるところはできるだけ使いたいと思います。傍聴をお願いします。



         
         

         
        | 市議会 | 22:33 | - | - | - |
        0
          さあ、九月議会が始まります!
           九月議会が明日からはじまります。私の一般質問は7日10時から行います。今回は、公的扶助問題を中心に質問します。全国で生活保護受給者が急増していますが、これからますます増えていくでしょう。京田辺市においても同じです。問題点や対策について議論します。
           また、職員の喫煙室の必要性について質します。
           また、先日、東京でプラネタリウムで行われたイベントに行ったのですが、とても上手く施設を利用しています。京田辺市の子どもたちにも、楽しめる施設が必要だと思います。紹介しながら要望したいと思います。
           皆さんの大切な街について一緒に考えてください。
          | 市議会 | 14:50 | - | - | - |
          0
            2012年度6月議会が終わりました
              今日の議会最終日では、大飯原発再稼働に反対する意見書が可決されました。私は提出議員となりました。賛成討論で私は、「核と原子力は同じであり、石井市長は平和市長会議にも参加しているのだから、市民を守るために大飯原発再稼働について、国・府・関西広域連合に意見を言うべきだ」といいました。また、「韓国・中国・台湾でもかなりの原発があり、今回大飯原発再稼働することや、原子力基本法の改悪により各国が危機感を感じ、自国の原発を積極的に稼働させようとする。大飯原発再稼働問題の根幹はそこにある。」と一生懸命意見を言いました。賛成が10人、反対10人となったため、議長の一票がきめることとなりましたが、議長は意見書に賛成し、大飯原発再稼働に反対する意見書は可決されました。
             よかったです。意見書の説明を民主党がしたため、「筆頭提出者に民主党がなるのはおこがましい事であり遠慮すべき」と、一言厳しく言っておきました。
             それにしてもこんな大事な意見書を理由も言わず反対するなんておかしいです。反対したのは、一新会市田博、岡本茂樹、奥西伊佐夫、鈴木康夫、松村博司、新栄会奥村良太、小林喜代司、喜多 進、桜井建史、河田美穂各議員です。
             ツイッターで広がりつずけている首相官邸前のデモを、やっとマスコミが取り上げ始めました。関西電力の会社前や大飯原発でも、再稼働に反対する人たちが来ています。もうじっとしていられません。子供たちのためにできることを今やらなければ後悔します。

             
             
            | 市議会 | 23:57 | - | - | - |
            NEW ENTRIES
            CATEGORIES
            ARCHIVES
            MOBILE
            qrcode
            PROFILE
            OTHERS
            このページの先頭へ