次田のり子 週刊日誌

<< 私の一般質問は、米沢議員から妨害的な動議で中断!! | main | アーサー・ビナードさんをお招きします。 >>
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
0
    海外研修のキャンセル料をなぜ市民が払うのか!!
     9月3・4・5日建設経済常任委員会が行った中国上海研修ですが、少し前に「体調不良」と言うことで欠席した河田美穂議員のキャンセル料など34316円を公費で支払っていることがわかりました。なぜ市民が支払わなければならないのか納得できません。今までそうしてきたようです。今年は他に、8月6・7日岡山で行われた全国市議会議長会研究フォーラムを欠席した南部登志子議員のキャンセル料など11590円も公費負担となっています。南部議員は以前も欠席をしています。

     皆さんご自分のお金でもキャンセル料を平気で払うのでしょうか。私は、個人旅行などは「いけないかも」と思えばキャンセル料発生前にやめます。やっぱりもったいないです。市民の皆さんは、議員が研修もしていないのにキャンセル料を払わされている事を納得できますか。

     17日、私の所属している文教福祉常任委員会が開かれました。かなり多い議案と補正予算と所管事務調査に加え、協議会も開催されたため時間がかかり、終わったのは夜9時終了でした。普通予備日があるのですが、中国研修で議会の開会が通常より遅くなったことと、運動会などの行事に議員が来賓で行くため日程がいっぱいなのです。私は、議員が運動会に行く必要はないと思っているので行きません。こんな時間を使えば、議員の仕事である委員会などをもっと開けるのにと思うのです。議会や委員会でろくろく意見も言わない議員も、顔をみせには行くというのもどうなんでしょうか。

     18日に開催された建設経済常任委員会では、上海研修について塩貝議員から上海の印象や、ものづくり商談会に市内業者の出展やこれからについての感想や期待や評価がいろいろ述べられました。それに応えて経済部長がこれからの抱負なども含め高らかに答弁をしていました。楽しかったんやなあと私は聞きながら考えていました。でも、上海に行ったのは塩貝議員と経済部長だけではないのに、ほかの議員は一言も何も言いません。面白くなかったのか、何してきたのかなあと思いました。

     枚方市とのごみ焼却広域化についてはあまり踏み込んだ質問は出ませんでした。しかし予想より早いペースで進んでいるので大変心配です。広域化について、薪、田辺、興戸、一休ケ丘地域だけ区長・自治会長に説明され、そのほかの北部地域などはパブリックコメントのみと言うことにするそうです。委員会からはそのことに対し反対や、市民全体に説明することを要求する意見は出ませんでした。

     とんでもないことです。ごみ焼却炉建て替え問題は全市民にとって大変大きな問題なのです。私が情報提供を要求しても、担当課はなかなか出しません。「枚方市とのことは今出せません」と、8月に担当課は私に言いました。こんな大きな問題を委員会の議員が知っていたのなら、もっと早くに市民に知らせるべきだし、知らなかったのならそれこそ委員会の存在意義が軽視されているということです。全市民の命と安全にかかわる問題なのです。そんな時に、仲良く市職員と中国に行ってる場合ですか。

     枚方市第2清掃工場が建設されるときは、私も京田辺市民の方たちと枚方市に行き、枚方市民とも一緒に頑張りました。夜中までの説明会を何回も枚方市は開き、傍聴に行きました。その時枚方市からも2回京田辺市民に説明に来た経過もあります。それぐらい時間や労力をかけて安全を約束してもらってきたのです。それぐらい大変なことなのです。パブリックコメントだけなんて市民を馬鹿にしています。
     

      

     

     
    | - | 10:59 | - | - | - |
    NEW ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    MOBILE
    qrcode
    PROFILE
    OTHERS
    このページの先頭へ