次田のり子 週刊日誌

<< 安保法案が採決されてしまいました。大変なことになりました。 | main | 一般質問で夜間中学校の設置を要望 >>
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
0
    沖縄名護市役所を訪問、辺野古で反対派のテント村に行きました。
     10月やっと沖縄に行くことができました。米軍基地辺野古移設に関し海底調査を強行している政府に強い憤りを感じます。翁長知事は辺野古への移設に反対し当選しました。これが沖縄県民の意志なのですから国は尊重すべきです。沖縄県知事として辺野古海底調査も許さないと決定したのに国は強行していることに、民主主義国家の崩壊だと言わざる終えません。沖縄旅行に行かれた時、ぜひ名護市辺野古の、キャンプシュワブゲート前のテント村を訪ねてみましょう。誰が行っても暖かく迎えてくれます。フリーに沖縄の人たちの声を聴いてみてはどうでしょう。

     辺野古に行けば絶対埋め立ててはいけないことがよくわかります。素晴らしい海。ジュゴンが生息できる数少ない海なのです。また、名護市役所基地対策係職員の説明によると、「米軍から返還された一部の土地でリゾートやライカムという大型商業施設を建設したところ、基地であった時より何十倍も経済が発展した」ということです。沖縄県の調査結果ですから間違いありません。基地を返還させる方が沖縄の経済は発展するのです。

     南風原(はえばる)陸軍病院壕の跡地も見学しました。沖縄に行くたびいろんなところの壕に行っていますが南風原は初めてです。案内してくだっさた女性の丁寧な説明を聞きながらしっかり見てきました。最近は広島や長崎に原爆が投下されたことすら知らない若者がいるようですが、歴史から学ぶことも必要です。安保法制がつくられたことにより、もう過去のことだと言っていられません。

     何回も議会で議論していますが、京田辺市の小学校修学旅行先は未だに伊勢です。私が小学校の時も伊勢でしたし、そのずっと前から修学旅行は伊勢なのです。伊勢神宮に行き、水族館でペンギンのお散歩をみたり・・・損をしてませんか?もっと学びの保障をすべきだと私は思います。他市の同年齢の小学生は、広島で命の重さを学んでいるというのにペンギンのお散歩ですか。これは5歳の子のレベルです。広島・長崎を知らない若者が増えているはずです。

     決算委員会が終わりました。決算委員会なのに3時半、4時で終わるなんて信じられません。決算というのは一年間の総括です。いかに公費が有効に使われたのか審査するのです。最小の経費で最大の効果を上げるという責務が市にあるのですから言わなければならないことが多々あります。議論内容を聞いていても要点をまとめて質問しているともいえないし、十分調査して審議しているとも思えないのです。「芝生を早く刈ってください」なんて、それって審査ですか?あきれている職員も結構多い事を知るべきです。

     26(2014)年と言えば、あの建設経済常任委員会が中国・上海研修を行った年です。旅費などの公費返還訴訟はまだまだ続きますが、公費で行ったなら効果はどうだったのでしょう。「中国に販路開拓」に議員が行く意味が今もわかりませんが、そんなことをやってる間に、枚方市とごみ処理の広域化を進めるために、着々と100回ぐらい両市で会議をしていたことを知っているのですか?と言いたくなります。京田辺市全市民にとって最重要課題ともいえるごみ処理広域化問題をもっと集中審議すべき時期だったのではないかと、情報公開資料を見ながら私は考えています。要するに「ごみ問題担当委員会が、中国に行ってる場合ですか?」と言いたいわけです。

     市は26(2014)年は黒字決算と言いますが、私は議会で「経常収支比率がかなり悪化している」と指摘しました。生活保護など扶助費の負担も大きくなっているし、今後もますます増え続けるのです。小手先の黒字決算は本当の市の姿とは言えません。高齢社会に突入している状況も市は十分に把握していません。今回の決算審議を傍聴しても、こういう危機感が足りません。先が心配です。 
     
    | - | 00:39 | - | - | - |
    NEW ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    MOBILE
    qrcode
    PROFILE
    OTHERS
    このページの先頭へ