次田のり子 週刊日誌

<< 12月議会が終わりました。 | main | 「戦争の記憶を伝える」写真展を開催!! >>
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
0
    何でもアリ、言ったもの勝ち社会は困ります。
     2016年も2月半ば、時間のたつのが早い!60歳過ぎてからは加速している感じがします。時間を大事にしたいと思います。今年は憲法問題が大きくなることでしょう。しっかり問題を見ていかなければ取り返しがつかないことになってしまいます。

     巷では、「ゲス」という言葉が平然と使われ、どうでもいいスキャンダルまがいのことが延々と公共の電波を独占してしまい、マスコミとしてのプライドはないのかと言いたくなってしまいます。もっと報道という立場を認識する必要があります。と、思っていると、京都から選出されているイクメン・ハッタリ国会議員の破廉恥事件。あきれて「これでずっとイクメンしてられるがな」と突っ込み入れながら会見を見たのですが、ばかばかしい。偉そうに言う民主党にも「モナ」かなんか言うお粗末な話があったわけだから歯切れが悪い事。最近は公務・公人という立場を忘れ、何でもアリで、「本音」という言葉で何を言ってもいいみたいに思っているのです。プロ意識が感じられません。

     年明けからいい話があまりありません。北朝鮮はミサイルを発射し、そのことにより拉致被害者の調査は中止になり高齢となった親や家族の希望は、また遠のいてしまったのです。日本の経済もまた危うくなってきました。国民の年金もつぎ込んでいる株価は下がり、物価は上がり、経済格差が進み、貧困家庭が増え・・・先行き大不安です。

     さて京田辺市はというと、これまた大変です。もうすぐ始まる3月議会にごみの有料化が提案される予定です。何故、今提案してくるのか解せません。市当局以上に、広域化や有料化を推進しようとする議員がいるから、市は楽なのでしょうか。市民に十分周知することもしないで、広域化や、有料化をすることは許されることではありません。

     3月議会は2016年の当初予算を決めます。議会中継などを見ていただき、市長の施政方針や市の運営などを知っていただくといいかと思います。

     今年になって、京田辺市民日本語教室はにぎわっています。中国からの帰国者やその家族以外に、イギリス・韓国・フィリピンからの方たちが加わりワイワイと楽しいのです。ボランティアも新人が増え活気があります。お互いを知りあうことはいいことです。

     11日は、二月堂のお水取りに向け、田辺から二月堂まで竹を献上する「竹送り」に国際交流会から参加しました。大根炊きを普賢寺道の駅でいただき出発します。途中、転害門で和太鼓の出迎えとおぜんざいをよばれ、二月堂まで行きました。とってもいいお天気で暑いぐらいでした。中国やアフリカからの留学生やALTの外国人と楽しく歩きました。終了後みんなでランチをたべ、疲れを取りました。疲れましたが楽しい一日でした。また来年も楽しみにしています。


     

     
    | - | 00:14 | - | - | - |
    NEW ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    MOBILE
    qrcode
    PROFILE
    OTHERS
    このページの先頭へ