次田のり子 週刊日誌

<< 大雨、大雪警報時、学校や幼稚園からの帰宅の危険性を指摘してきたのに・・・ | main | 議会改革特別委員会の議論の状況は・・・ >>
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
0
    スクールバスはスタッドレスタイヤではありましたが、それでも立ち往生!
     8日の洛南タイムスに「スクールバスがノーマルタイヤ」と書かれていたのでびっくりしました。私は「とんでもないことだ」と思いながら土日を過ごし、今日、早速市教委、普賢寺小学校長に確認しましたところ、スタッドレスタイヤは装着していました。しかし、チェーンを装着したかは定かではありません。ただ、市の公用車は、建設部の数台しかスタッドレスは装着していません。安全安心まちづくり室ですぐにチェーンを集めているようです。

     課題はたくさん残ったようです。タイヤの件の他に、多額の費用をかけて設置した防災無線が活用されていなかったこと、下校させることの判断、スクールバスの安全性、今回行われたルート変更や児童をバスから下車させ歩かせたことの安全性などなど、起こってしまたことは取り返せないですが、今後の問題としてしっかりと検証すべきことです。

     8日の文教福祉常任委員会では、いろいろ多くの質問をしました。特に、宝生苑や常盤苑などの高齢者施設やアルプラザにある女性ルーム、不登校児童・生徒の居場所としてのポットラック、児童館などを日曜・祝日も開所するべきだといいました。行き場のない高齢者がスーパーのいすなどで長時間座っておられる姿を、最近よく見かけます。こういう時こそ公的施設を開く事の価値があるのです。

     児童館などは、社会福祉法で18歳までが利用できることと決められているのに、京田辺市は低学年までを対象にしています。内容を充実させて、18歳までの人たちの居場所にしていくべきです。児童館も日・祝日に開く事は必要です。また、子育て支援センターは小さい子どもさんがいる方には救いの場所です。こういった場所を十分に活用していただくためにも、日・祝日に開くのは今や当たり前です。

     また、市内では今年度(1月まで)、夫からの暴力被害が分かったのが30件あります。こういった事件への対応も、充実させるために、DV被害者そうだんセンターの必要性も議会で述べました。市役所の幹部はほとんどが男性ですから、切実さがどこまで理解されているのかわかりませんが、とにかく粘りずよく活動するしかありません。



     
    | - | 16:21 | - | - | - |
    NEW ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    MOBILE
    qrcode
    PROFILE
    OTHERS
    このページの先頭へ