次田のり子 週刊日誌

<< 監査請求を行いました。 | main | 九月議会が始まりました。 >>
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
0
    監査請求の反応にびっくりです。
     皆さんよく新聞を読んでおられます。15日に監査請求を行ったことが各新聞に載ったこともあり、朝早くから激励のお電話や道で声をかけられることが続きました。特に、職員や政党支持者からも連絡をいただいたことに「中国研修なんて、やはり皆さんおかしいと思っているんだ」と改めて強く感じました。事務局の報告では幹事会で「自粛なんてしてない」など、まだ言っている議員もいるようですが、請求対象は市長ですから議員があれこれ言う必要はなく、海外研修が正しいと思っているのなら「私、建設経済常任委員ですから、中国研修に行ってきます」と、市民にしっかり言えばいいのです。

     激励の電話の中で「今回、(次田が)知らせてくれなかったら、議員が海外研修に行くのは知らないままだった。だから気を付けて。」と言われたのですが、はじめは意味が分かりませんでした。時間がたつにつれて、この間私のまわりで起こったおかしな事が繋がっているのではないかと考えています。確かに、今回の海外研修について事務局は報告をしませんでした。もちろん松村幹事会座長もです。

     特に、ブログを何とかやめさせたいと、いろいろ考えている議員もいるようです。挙句の果てに、「(次田が)協議会の内容も公開した」なんて議長が幹事会で言ってることに、協議会自体公開しているものだと知らないのかなと思うのです。プライバシーは書きませんが、議員としての事は市民に知らせることは全く問題ではないのです。反論をすればいいのですが、例えば「みっともないから書かない」と言う議員もいますが、それはきちんと議会だよりなどで市民に情報を伝えている議員の言うことだと思うのです。

     近頃、議会だよりや通信などを出す議員が減りました。議会だよりは情報公開の一つですし、良いも悪いも自分の考えを知ってもらうためのものです。たまに自分の顔写真入りでだす会派もありますが、私の感覚からいうと、露骨な宣伝でかえって恥ずかしいのです。選挙前に出すなんてもっと恥ずかしいし、「市民を馬鹿にしてませんか?」と、言いたくなるのです。

     とにかく、私は自分の考えていることや市民に知ってほしいことを書きます。「書かせんようにできないか」と職員に聞いた議員もいるようですが、書かれて困るようなことをしなければ何も問題はないはずです。そのためかどうか知りませんが、24日「インターネットと人権」と題し、議員研修を行います。事例を挙げて、私も質問しようと考えています。まただれがどんな事を言ったかお知らせしましょう。
    | - | 11:09 | - | - | - |
    NEW ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    MOBILE
    qrcode
    PROFILE
    OTHERS
    このページの先頭へ